ニート・引きこもりの方への自立プログラム

薫化舎グループでは、いわゆるニートや引きこもりの方への新しい自立プログラムのご提供を開始いたしました。年齢は、20歳から55歳前後の方を対象にした自立プログラムのご提供となります。知的障害や発達障害、精神障害等の診断名があっても、正社員として、自営業者として、企業家として自分の適性にあったライフコースへと方向転換することをめざします。

 

特に、薫化舎グループにご協力いただいている社会福祉法人光朔会オリンピアとのコラボで、弊社のBSTP(Bio-Social Treatment Program)プログラムを受けられると、55歳前後でも発達障害などの診断名があっても優先的に正社員として採用されることになりました(採用試験はあります)。ライフコースの方向転換も可能なプログラムとしてご提供できます。

 

このソリューション・プログラムを希望される方には、弊社のプログラム適合テストの受検が必要となります。心理テストや薫化舎式の潜在能力測定テストなどの問題や課題発見のための総合的な分析を行い、自立を妨げている要因を探索します。そして弊社の持つ技術で対応可能な場合にプログラムをご提供いたします。能力開発を行いますので、プログラム期間は約1年となります。

 

弊社は、今まで知的障害や発達障害、精神障害、非行・犯罪のある方、40代の引きこもりの方などに対して健全で望ましいライフコースへの方向転換を成功させてきた実績があります。今回は特に、いわゆる80-50問題に対して、弊社と光朔会オリンピアのコラボで問題解決可能なケースがあるのではないかということからプログラムを開発いたしました。民間企業なので費用はかかり、提供数に限界はありますが、少しでもこのような課題を解決できればと願っております。