株式会社 薫化舎コンサルタンツ附属総合研究所

研究活動

 

社会福祉法人光朔会オリンピアとの共同研究の開始について

社会福祉法人光朔会オリンピアと株式会社薫化舎コンサルタンツ附属総合研究所とが共同して、認知症の予防、改善にかかる研究を開始いたしました。光朔会オリンピアと薫化舎コンサルタンツ附属研究所が中心となり、(株)薫化舎コンサルタンツが独自に有する薫化舎BSTP(Bio-Social Treatment Program)の認知症への応用可能性について共同研究を開始することになりました。このプログラムは、基本的に全人的でかつ認知にも対応する介入プログラムシステムで、少年から成人まで高い効果を得ることができるものです。この独自のテクノロジーを認知症への応用可能性について検討していきます。このプログラムが少しでも認知症の方々の抱える様々な課題を解決して行く一助になればと願っております。